勉強会中

講師を招いて勉強会を開く方法

外部講師を呼んで勉強会を開くと、生徒たちの将来の進路や今後何を勉強すべきか方向性が決まります。また、生徒向けでなくとも心理カウンセラーなど専門性の高いものは講師を呼んで勉強することで学校運営を円滑に進められるでしょう。講師を招いた貸し会議室や高校の教育現場におすすめの講師を紹介いたします。品川で貸し会議室を使った講演会を開きたい方は是非参考にしてください。

貸し会議室を活用するメリット

外部講師を招いた勉強会では校内設備の問題や、講師と言えども外部の人間のため校内のセキュリティーがしっかりしていないと思わないアクシデントを招く可能性があります。そこで、外部の施設を借りた勉強会を開催することをおすすめします。外部の施設ならば、参加する生徒に合わせた施設を選べるので、校内勉強会でありがちなギュウギュウになって立ち見をする必要もなくなります。

また、外部講師は様々な資料をインターネットから引用するケースが少なくありません。学校内のインターネット回線は学生がおかしなサイトに誘導されたり、閲覧したりできないようにペアレンタルコントロールをされています。講師が使いたい資料は事前に用意しますが、動画などデータ容量が大きなものは、動画サイトにアップしたものを使用したいと講師は考えるでしょう。もしつながらなかったら、その部分は飛ばして勉強会をしなければならないため、せっかくの外部講師を招いた授業が無駄になってしまいます。

貸し会議室の選び方

貸し会議室は、長時間座っていても疲れない椅子や机がある場所を選びましょう。また、外部講師の先生がすぐにアクセスできるよう駅やバスターミナルの近くにある貸し会議室を選びます。

貸し会議室の備品は勉強会に必要なプロジェクターなどがそろっていますが、貸し会議室の中には会議室の設備を使用する場合別料金を請求されるケースもあるので、事前にチェックしておきましょう。

高校の教育現場におすすめの講師

藤原和博

東京大学経済学部卒業、リクルート社東京営業統括部長を経たのちヨーロッパ勤務をしました。民間の校長として杉並区立和田中学校校長や橋下大阪府知事特別顧問としてかつやくしました。現在は教育界にはびこる「事なかれ主義」を排する新しい仕組みづくりに奔走しています。AIやロボットが中心になる世の中でどのように生きるかをテーマに講演をしてくださいます。

千原せいじ

お笑い芸人・千原兄弟を結成している。千原兄としてもしられており、お笑い芸人としてはめずらしく政治方面の知識も豊富に持ち合わせています。お笑い芸人ならではの生き方を、世界問題の視点から語ります。

新井紀子

話題になった本「AIvs教科書が読めない子ども達」で物議を醸しだした人物。AIと共生しなければならないこれからの時代をどうやって生きればいいか、人間の新たな社会と未来を題材に講演をします。