期末テスト

定期考査の1つ

定期考査は、学校で行われる授業の教科や科目の学習理解や教育の効果を評価するために行われる試験です。
この定期考査の試験は中間テストの期末テストがあり、期末テストでは学期ごとに行われる試験で、1学期の期末テストは6月下旬から7月上旬、2学期の期末テストは11月下旬から12月上旬そして3月期の学年末試験となる期末テストは2月中旬から下旬に行われるテストです。

日本では中学からこの定期考査行われており期末テストでは全ての教科の試験を実施することになります。
平均的に9教科の試験の実施となりますが高校になるとさらに科目が増えて10科目以上の試験を行うことになります。

この期末テストの時だけ試験を行う教科があるため、大変勉強が難しくしテスト範囲が広いため普段から勉強していないとこの時期になると大変時間がない状態でテストを受けることになります。
進学や就職を希望する高校3年生の場合には、1学期の期末テストを、評価を挽回できる最後のチャンスだと考えて勉強する必要があります。

とても重要な1学期の期末試験

定期考査に関してはどの学年でどの時期もとても重要なテストばかりですが、その中でも特に重要なのが高校3年生の1学期の期末テストです。
特に推薦入試の進学や就職希望を考えている生徒の場合には、この1学期の期末テストまでの評価で合否の判断や採用の判断を行うからです。

大学進学の推薦入試や高校卒業後の就職活動を、 2学期に行われることが多いです。
そのため学力の評価に関しては1学期の期末テストまでが対象となることになります。

その中でも直近となる1学期の期末テストが大変重要視されることになり、今まで思うように結果が出なかった生徒にとっては挽回のための最後のチャンスといえます。
夏休みが目前となっているため中にはテスト期間中から、夏休みのことを考えている生徒もいますが、後で困らないためにもまずはテスト勉強に精進する必要があります。

教師の苦悩

期末テストの問題作成をしている教師にとっては、多くの生徒が満点を獲得できるようなテストを作りたいと考えていますが、学習指導要領やその学校で多くの生徒が受験する対象となっている大学の入試問題を参考に作成することがあります。
同じ期末テストでも2学期の期末テストは、既に大学入試まで、2か月を切っている状況にあります。

この時期になれば当然大学入試の出題可能性のある問題を作成することになります。
また、予想問題と考えることができるこの時期のテストは、大学入試の問題と同じようになれば嬉しいのですがそうは簡単に予想できないのが現実です。

そのため教師の中には最近出題される可能性の高い問題や参考書等の傾向と対策に沿って問題を作ることもあります。
教師が作成するテスト問題では簡単でもなくしかも難易度の高い問題を作成しないように配慮することになるのです。